あたち、Rubyて言うねん♪

おてんばRubyの成長日記です。 山口県から大阪へやってきたチョコダップルの女の子。日に日に関西弁を駆使する女の子に成長している模様です(笑)

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … トレーニング初日~ルビーとねぃちゃんのトラウマ・・・BLOGTOP » トレーニング/マッサージ♪ » TITLE … トレーニング初日~ルビーとねぃちゃんのトラウマ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーニング初日~ルビーとねぃちゃんのトラウマ・・・

こんちわー♪

さてさて、続きです!
あいかわらず写真の準備ができてません(^^;;

合間にふっと写真を追加で差し込んでいくこともあるやもしれませんが
文字ばっかりで本当にごめんなさいー!!



忘備録、忘備録・・・っ(^_^;)



では。はじめます。








なぜ、ルビーが、今ほど、
ワンコにワンコラいうようになってしまったのか。
明らかに、思い当たることが何回かパピーのころにありました。


ルビーがパピーの頃。
オサンポデビューして、まだ間がない頃でしたが・・・


ジャックラッセルテリアと、紀州犬と思われる白い和犬相手に
怖い思いをさせてしまっていたのです・・・。


犬種の特徴はあれど、問題はそのコを取り巻く環境だと
ワンコと暮らす前から思っています。
決して、ジャックラッセルテリア種や和犬種の気性が問題だとかは、
これっぽっちも思っていません。


ワンコ同士の相性もあるでしょうし(^^)

ジャックラッセルを怖がるルビーですが、
一頭、ジャックラッセルのオトコのコで、
一緒にオサンポできるオトモダチが居ます。

大型犬も怖いルビーですが、
大きなバーニーズちゃんにも、一頭だけ、
ワンコラ言わずに一緒にお散歩できるオトモダチが居ます。


くれぐれも、犬種じゃないんですよ・・・!









あれは、お散歩デビューして間が無いころでした。
近所のオサンポもスムーズに出来るようになってきたので、
ここらで、ちょっとだけ遠出してみよう、と、
車に乗って少しのところにある、ある大きな公園へ行きました。


その公園は広い広場があり、よくトレーニング中のワンコも見ますし、
ロングリードはもちろん、ノーリードでオサンポしている人たちも
結構たくさん居る公園。


当時は、ノーリードや超ロングリードのワンコが多い公園とは
知らなかったんですよね・・・。
これも反省点のひとつです。


広場でジャックラッセルちゃんが、ボールの遠投とってこい遊びをしていました。
何もわからないルビーが「なにしてるのー」と行ったところ、
2匹いたうちの1匹に、とてつもなく追い掛け回されたのです。
追いかけられて驚いたルビーは、
慌てて私の足元へ逃げ帰ってきたのですが・・・。

私の足元をパニックになってぐるぐる逃げるルビーを
執拗に追い掛け続けるジャックラッセルちゃん。
ルビーはとうとう口を当てられ、キャン!!!と悲鳴を上げました。

が、その悲鳴から、さらに興奮したように、
ガウリながらまだルビー追いかけるそのコの様子をみて、
思わず私はルビーを抱き上げました。

抱き上げるというより、あわてて吊り上げた感じです。
ベスト型ハーネスをつけていたから、吊り上げられましたが
あれが緩めの首輪だったら・・・と思うと、今でもゾッとします。

私が抱き上げたルビーの尻尾めがけて、
ガウりながらジャンプしてきてましたから・・・。


抱き上げたん瞬間にギャン!!と、ルビーの悲鳴。
抱き上げたルビーのシッポに、ジャンプして口を当てに来ていたそのワンコ・・・。


おそらく、私が抱き上げなければ、
ルビーはマトモに噛みつかれていたと思います。
それほど、勢いづいてガウりながらルビーに突進してきていたので・・・。


だけど、抱き上げられたルビーのシッポめがけてジャンプしてくる
そのワンコの飼い主さんは、
自分のワンコを、叱りいさめるどころか、
「ごめんなさいね~」といいながら、こちらに歩いては来たものの、
抱き上げている私に向かって

「こういう場合は、抱き上げちゃダメなのよ!」と一言。


あーーーーーーー(-"-)
コイツとは、話が出来ん!!!!!
と、瞬時に思いました。

子犬に向かってガウリながら突進してくるような気質の、
自分とこのコの行動をしっかり見届けられんなら、
いざ!というときに、その行動を制止させることが出来んのなら、
こんな、たくさんのワンコが来るような場所で、
ロングリードでなんか、遊ばせるなっっっ!!!!
これが、もし、人のコドモとかなら、どーするねんっ?!?!?!




と叫んだのは、その場を離れて戻った車内・・。



そのとき飼い主さんに訴える余裕が無かったほど、
あのときの私は動揺していました・・・^^;;



・・・。

本当なら、その場所で、その時、もしくは翌日に、
そのワンコと対面させて、「大丈夫なんだよ。怖くないんだよ」と
ルビーに教えてやらなければならなったんですよね。


だけど、どうしても、その気になれなかったんです、私が。
それからしばらくは、その公園には行けなかったですから・・・。


まず、それが、ルビーの社会化の最初のツマヅキです。


そして、そのあと、別の公園で、
今度は白い和犬ちゃん。


まだ、このころは、あんな怖い思いをしても、
他のワンコにビビリながらもコンニチワをしに行くコだったので、
また、なにしてるのーと、複数ワンコがいる場所へご挨拶にいったのです。


その場にいる大抵のコとはご挨拶をすませたのですが、
その白い和犬ちゃんとはうまくご挨拶が出来ず。
ルビーがしつこかったか、何かだったんだと思うんですけどね。


白い和犬ちゃんの教育的指導が、ルビーの右目上あたりに(^^;;

ガッツーンとやられてしまいました。(苦笑)

歯がしっかりあたっていたようで、
後で見ると、うっすら血がにじんでいたんで、
かなりルビーも怖かったんだと思うんですが・・・


その時も、飼い主さんは、ゴメンなさいね、との言葉もなく。

あ~~~。だいじょうぶかあ~~?という雰囲気の言葉だけ・・・。

ねいちゃんの性格的に、そういわれると「だいじょうぶです(^^)」と
つい言ってしまいます。
(もちろん、その場で解りやすくケガをしていれば
 そこは話はベツですよ!!
 鬼のねぃちゃんに、一瞬にしてチェンジすると思います(笑))



仲直りをさせる事の大切さをわかっていても・・・。

相手ワンコちゃんの飼い主さんを信頼できない、と
少しでも感じてしまったら・・・。


そういう事があった直後に、子犬のルビーを、
もう一度、ご挨拶させてもらえますか?とは、
どうしてもいう事が出来なかったねぃちゃん・・・。



そのあとルビーは、
和犬タイプのシルエットのコと、ジャックラッセルの小さいタイプのコには
猛烈にビビるようになってしまいました。



そして、ビビるルビーを見て、
私までもが、ルビーが怖がるから・・と、
一時期、ほかのワンコを避けてオサンポをするようになってしまったのです。







くれぐれも!

今書いてる内容。
ルビーに飛びついてきたジャックラッセルちゃんや、
白い和犬ちゃんを責めるわけじゃないんです。


責めるなら、飼い主さんだと思うんですけど・・・(苦笑)
だけどね。
やっぱり、一緒にその場にいた、私に一番原因がある。
それは間違いない。



この話を、先日カウンセリングを受けた時に
トレーナーさんに話したら、同じことをおっしゃってました。

「その場で、もしくは翌日。
 同じ公園へ行って、そのコと仲直りさせましたか?」って。

もちろんその後の一連の流れをその時補足して聞いていただいたので、

「ああ、それは仲直りなんて状態じゃなかったですね(T-T)」と

トレーナーさんも顔をしかめておっしゃってましたが・・・。



子犬の社会化期って、
やっぱり、そこが一番大切な問題なんですよね。
怖い思いをしても、あたりまえ。
だけど、その時点で「怖いだけじゃないんだよ」と教えてあげなくてはいけない。
今思えば、ルビーのあの体験は、絶対にあのあと、
飼い主さんにお願いしてでも、「怖くないんだよ」と
ルビーに教えてあげるべきだった・・・。
ある意味とても貴重な瞬間を、私はみすみす逃してしまったんですよね。



ルビーは、一番大事なそこで、社会化がある意味、止まってしまってる。



だから、あの時のワンコに良くにた犬種や、
大きなワンコに対してコワイ思いしか残っていなくて、
対象のワンコに遭遇してしまったら、
怖い思いをする前に、先にワンコラと先制攻撃してしまう。


ごめんね。ルビー。
ねぃちゃんに意気地が無くて。


ルビーは怖い!怖い!と思いながらも、
ねぃちゃんも怖がってる!!だったら、るびが追っ払わなあかん!!

って、ワンワンしちゃってたんだね。



等々、トレーナーさんとお話して、
更に、問題点が、浮き彫りになってまいりました・・・(^^;;


やっぱり、このトレーニングは、

ねぃちゃんのガンバリにかかっていると思われます・・・(苦笑)



でも・・・。
やっぱり、不安なんだよ。


ルビーのワンコラ。
ねぃちゃん自身に、止められるかな・・・。


がんばるけどね!

だけど、やっぱり不安なんだよ・・・。



先生は、どんなトレーニングをするのかな・・・。

ルビーが痛い思いを少しでもするなら、嫌だな・・・。

首輪の方が、リードを通してこちらの意志が伝えやすいって
トレーナーさんが言っていたけど・・・。

首輪かぁ・・・。
ショックレス首輪、さがさなくちゃな・・・・。


だけど、やっぱり、トレーニングはやり遂げなければ。
自分が、わが子が、幼いころにあんな思いを経験してきてるのだから。
ルビーのワンコラで、ビビッてしまうコも居るはず。
そのたびに「ごめんね。ごめんね。」と誤り続けて、
その飼い主さんとお話できるならば、ゆっくりお話をして、
その場で、その間におちついたルビーの姿を、
見てもらうようにしてきているんだけれど・・・。

やっぱり、ルビーの苦手とする犬種のワンコちゃんたちには、
それが、そのだけのことが、とてもとても難しい・・。

これじゃ、やっぱり、イカンよね。


でも・・・・・(^^;;


等々と、実は不安な気持ちテンコモリーで、
初日を迎えたねぃちゃんだったのでした・・・・。



でも。この不安は全く不要なものだったー!!
ルビーはとても、がんばってくれました♪


ん~~~~~長い長いですが、
まだまだ、続きます~~~~。


そして、たちが悪いよ、次の記事からは、
親ばかマンサイになると思われます(爆)


・・・さらに、スルー推奨ですね(笑)




次記事に続きます(^^)
(明日以降デース♪)







スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

NO TITLE

こんにちわぁ(^^♪
 
ルビたんもねぃちゃんも頑張ってるやぁん。
一緒に頑張ってる姿素敵だよ。
時間がかかったっていいやぁん。
絶対に努力はむくわれるし
ねぃちゃんとルビたんの
関係今まで以上に深くなると思うなぁ
パピちゃんの頃に怖い思いしたんやね~

あたしやったらめっちゃ文句言ってる
やろぉ~なぁ~って思いました。
だってワンコをコントロールできないなら
ロングリードやノーリードは絶対ダメ!!
どんなに躾ができてても
あたしは反対やなぁ~
ルビたん怖かったね。
ワンコラしちゃうのきっとねぃちゃん
守ってるんだね。

トレーニング頑張って!
トレーニング終わったら
いっぱいルビたん褒めてあげんてん!(^^)!

頑張れ!!!!ルビたん、ねぃちゃん!(^^)!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NO TITLE

ルビーちゃんもねぃちゃんも頑張ってますね~。 確かに子犬の時のトラウマは、中々抜けないもんね~。うちもふぶたんは、小さい子供が、ダメで、声が聞こえたら反応して、近づいてきたらガタガタ震えてる。7年かかってようやく少しだけ子供に近づいて匂いをかきにいこうとするようにはなったよ。ルビーちゃんも中々そのトラウマを克服するのは、大変だけど、ふぶたんが、ついてるぞ。ねぃちゃんも頑張ってちょっとずつ前に進めば、いいと思いますよ。

NO TITLE

こんにちわぁ~♪

ルビーちゃん、パピーの頃に怖い思いをしたのね。
文章を読んでいるだけで、相手の飼い主の行動に
ムカムカしてきちゃった!!
ノーリードにしている人に限って
こういう態度を取るのですよね。
「うちの子は大丈夫」と思いこんでいるのがダメですね。
現にこうやって怪我をさせているのですから。
とはいえ、私も面と向かって注意ができないタイプなんです。
なのでノーリードの子がいる時は自分からその場を離れちゃいます。

そういう私もいつもの仲間がいる所では
ノーリードにできる場所があるのでしちゃうんですが
あまり会わない大型犬に1度怖い思いをされたことがあるんです。
その後、ワン子恐怖症になったらどうしようと思ってましたが
小型犬なら大丈夫でした。
大型犬にはワンワンしちゃうんですけどね。
でもいつもの仲間にもゴールデンのとても優しい子がいるので
遊んでもらってそういう気持ちをなくしていけばいいなぁと思っています。
ねいちゃんも頑張って!

>マロンままさんへ♪

こんちわー♪
努力。うんうん、きっと報われるよね。
確かに、絆というか、ルビーの言葉がハッキリ聞こえる瞬間が増えたよ!

私も、マロンままと一緒!
コントロールできないなら、ロングリードやノーリードは
絶対ダメ!!派です(^^)
コントロールしきれる範囲内でよろしくねってね!
でないと、私、とっさにきっと、自分ちのコを守るためなら
今なら足で蹴り倒してしまう気がする・・・(滝汗)
やめてよ、ワンコを蹴ったりしたくないんだからっ!!!って気持ちで、
ノーリードのコが現れたらソソクサと立ち去ります~(笑)
もめずに済むなら、もめたくないもんね。
大好きなワンコが原因で人ともめるなんて、本当にイヤやもん~~。

トレーニング終わったら、いつもお外でご褒美ウマウマ!
お家に帰ったら、以前に増して、
解りやすく体を摺り寄せて甘えて来てくれるよになったよ!
トレーニングの先生も楽しいヒトで、
現時点ではとても楽しくトレーニングできてます(^^)

>いさぱぱさんへ♪


こんちわー♪
うんうん、頑張ってるよ~~♪
そやね、ふぶたん、小さい子苦手っていってたよね。
確か初対面~な時も時間が経つにつれブルブルしてたもんね。
申し訳なかったな、苦手な所でご対面なんて・・・。
今度会うときは、自然いっぱーい!な場所で会おうよね♪
そうそう、先生ね。
今度、ジャックのパピーを迎えるんだって!
フリスビーはやるらしいんだけど、アジリティを始めたいからって。
そのパピーちゃんと遊ぶことで「ジャック慣れ」も量りながら(笑)
ルビーと一緒に色んなことしたいなって夢が広がる広がる(笑)

でもまずは、ルビーとねぃちゃんのトラウマを解消せねば。
ゆっくり焦らず、時間をかけて、ね(^^)
ふぶたんも、7年かかったんやもんね!!
遊んで楽しみながら、頑張るね~♪♪

>くるみんさんへ♪


こんちわー♪
そうなの、ちょっとかなり怖かったんだよー。あの時は。
足、ガクガクしてたもん、私(><)
それまでワンコと暮らしたことが無かったから、
ワンコがワンコにあんなふうに飛び掛かってくるのを、
自分の目で見たことも無かったし、もちろん経験もなかったし。
ワンコってこんな風に攻撃してくるんだ。って身を以て経験しちゃって。
ルビーもトラウマなんだろうけど、
もしかしたら私の方がトラウマ大きいかも・・・(汗)

ノーリード。色々意見はあるよね。
どれもこれも、もっともだし、その意見だけを聞けば
「うんうん、そうだね」って納得いくんだけど、
やっぱり、「管理できる範囲限定」だよね。って思うー。
みんな「うちの子は大丈夫」って、ノーリードにしてる方は思ってるもんね。
うちの子は大丈夫かもしれないけど、よその子は大丈夫じゃないんだよって、
解ってもらいたいんだけど・・・なかなか難しい。
「うちのこは大丈夫なんだから、そっちが悪い」って言われそうでね(^^;;
だから私も、さーっと離れてしまう性質です(笑)
大好きな我が子やワンコが原因で、同じワンコ好きともめたくないもん~~(><)

こむぎちゃんも、怖い思いした事あるんだね。
難しいよね。社会化期の頃って、教育的指導を受けるのは
当たり前といえばあたり前なんだろうから・・・。
おともだちに優しいゴールデンちゃんがいるんだね!
それはとっても心強い!!
でも、ルビーはおとなしいゴールデンちゃんにも、
ワンコラ言いながら突進していくコなんだよ・・・(T=T)
だけど、これも徐々に治まっていくような気がしてます♪
うん、がんばる!ありがとね~~♪♪

NO TITLE

こんにちはーーー♪
ルビちゃんもちぃさんも頑張ってますねぇ!!えらいっ!!
トレーニングは大変だろうけど、楽しみながら頑張って♪

さてさて・・・ジャックラッセルテリア。
実は昨年の冬にさくらも大変な目にあいました。
とはいえ仰る通り「ジャックラッセルテリア全て」がどうこう
いうつもりは毛頭ありません。
現に仲良しのジャックラッセルテリア君も居てるのですから。
問題は・・・飼い主!!にあると思います。

あの日、さくらと近所の公園にお散歩へ♪
ノーリードで遊んでるコの多い公園なのですが、さくらと仲良しのコばかり。
いつもの通りお友達の待つ公園の広場に入ると、
さくら目がけて突進してくる「ジャックラッセルテリア」が。
勿論さくらビビリまくってね・・・。私の周りをグルグル逃げまどう。
で、ルビちゃんと同じ(-_-;)もう少しで噛まれるところを慌てて抱き上げた。
と同時にジャックはジャンプ!!ジャンプ!!
あまりのしつこさに膝でブロックしてしまいましたよ、私は。
・・・飼い主「済みません」の一言もなし。で遠巻きに見て知らん顔(-_-メ)
回りに居たワン友さんが「何してんねん!!リード着けてっ!!」とたしなめ、
リードをつけたものの伸縮自在・・・って。笑
飼い主は相当おばかさんなのか??怖がるさくらの方に
自分家のジャックをけしかける始末。呆れてものも言えない(-_-メ)笑
さくらはビビリションまでする怖がりようでこの日はそそくさと退散しました。

翌日・・・公園に行くと又居ましてね、そのジャック。
広場に入った瞬間戦闘モードでさくら目がけてガウガウ。
「仲直りさせる」とかいうレベルでは無かった。笑
頭にきた私は飼い主に「こんな状態ならつなげよ!!!」と言ってしまった。
でもね、その飼い主他のワンコ連れの人に「今日はつないでるの?」と聞かれると
「放せなくて可哀そうなんだけどね。アノコ(私たちのこと)が居るから」と
まるで私とさくらが悪いみたいな言い方をしやがったのだ!!!

ジャックは気性が激しいコが多いし、噛み砕く力も強いから、
ちゃんとしつけをしないと「モンスター」になっちゃうのは事実。
問題はやっぱり「飼い主」だと思うな。
さくらを襲ったジャックの場合も「ダメ飼い主が全然呼び戻しもしつけも
出来てないのに公園で野放し状態」にしていた。ここが一番の問題なんだと思う。
そもそも公園は「ドッグラン」ではないのでね。
ぶっちゃけ私的にはノーリードもどうかと思うんだけど。ま、それは置いといて。笑
ノーリードにするなら最低限「攻撃しない」「呼び戻し出来る」ぐらいは
マスターしてないとね。笑
この公園はノーリードの人が多いから(でも皆お利口さんなのよ)
「ここはどんなコでも放して良いんだ」って勘違い??したのかな??

トレーナーさんの仰る「仲直り」は大切な事何だろうと思うけど
「出来る状況ではないコ」が居るのも事実。笑
このジャックを見かけると「ほら、さくらあっち行こう」って遠ざけてしまってるな私。
これって・・・ダメな事なんだろうか??うーん難しいよね。

ルビちゃんの場合パピーの時にそんな怖い目にあったんだもの
トラウマはなかなか克服できないかもしれないけど、
「怖くない仲良しできるコも居てる」って少しずつ他の犬種にも慣れていけば
ワンコラ言わなくなる日も来るに違いない!!
さくらも私もいつでも協力するから♪また一緒に遊んでねーーー(*^^)v笑

tuddyさんへ♪

こんちわー!コメントどうもありがとう!
トレーニングはね、ホントに楽しい時間なの!!
歩く場所はいつものパラダイスで慣れてる場所だしねー♪
昨日は、トレーナーさんちのスタッフワンコの、イングリッシュコッカーちゃんと
一緒にお散歩トレーニングしたんだよ~~。
最初こそワンコラしたけど、やっぱりすぐに収まって、
一時間ずっと一緒に歩いてね~。
レッスン後にトレーナーさんと喋ってる間、
そのスタッフワンコのすぐ傍で、フセしてまったり休憩してたくらいです!
ほんとに楽しいよ~~~~~!

さて・・・。
さくらちゃんの出会ってしまったジャックちゃん話。
Mixiで記事にされてるのを実は拝見していて、
うわ・・・まったく一緒や・・・!と、コメント書いてたんです。
でも、ムッチャクチャ長くなっちゃって(笑)
どうしよう、どうしよう~~って思ってる間に日が経っちゃってね(><)
だから、今回tuddyさんがコメントくれはったの、めちゃくちゃ嬉しかったです。

ほんとに・・・。
ワンコじゃなくて、飼い主さんなんよね・・・。
極論、ガウガウの子だって、全然かまへんのよ。
飼い主さんの、こちら側への心が伝わってくれば!
だけど、大抵、そういう問題の渦中にある飼い主さんって、
全く持って、こちらにそういう心を感じさせない人が殆どやからね・・・
(だから、こんな思いをする人が減らないんだろうけど(-“-))

さくらちゃん、めっちゃ怖かったよね。
Tuddyさんも、こわかったやろ?
私、その瞬間はしっかりしてたけど、その場を少し離れたあたりから
足ガックガクしてたもん。

さくらちゃんが居るから、リードを離せない。じゃないよね。
リードを離せないから可哀想、じゃないよね。
私も、ノーリードは絶対反対。
ノーリードで遊ばせたいなら、ドッグランへ行けばいい。
ノーリードでサンポさせたいなら、他の人やワンコに遭遇しないで済むような、
山奥へすっこんでくださいなっ(-“-)って思います(笑)

ワンコって興奮しちゃうと、なかなか飼い主さんの声は
届きにくくなるもんね。
余程トレーニングされてるコじゃないと。
それでもやっぱり、ノーリードって、怖いよ。

仲直りの事もね。
一度こういう経験をしてしまうと、やっぱりそれが大切と解っていても、
なかなか無理だよー(T-T)
トレーニングを受けてる最中のルビーと私でも、
やっぱり、今、そういう事があったとしても、
相手の飼い主さんが信頼できない(飼い主さんが自分のワンコの行動を
しっかり掌握できていないと思われる)場合は、
絶対絶対、仲直りなんて無理やもんー。
事無かれ・・ではないけれど、遠ざけてしまう。
だって怖いから・・・。

だからやっぱり、飼い主さん次第なんやろね。
飼い主同士の信頼感というか。そういう事も絶対に大事だと思う。
だからこそ、私は、ルビーをノーリードには絶対しないんだけどね・・・。
リードって、我が子と自分を繋ぐ命綱だと思うし、
何より、信頼の証、だと、思ってるの。
愛犬と自分との信頼。そして、他人へ与える信頼感の一つでもあるって。
だって、ワンコと暮らす人同士でも、温度差ってあるもの。
ワンと暮らさない人の事も、ちゃんと考えないと。って。

まだまだワンコラやっちゃうときもあるけれど、
さくらちゃんもルビーの数少ないオトモダチ!
また一緒に遊んでねーっ♪ゆっくりお話もしたいよね~~~~!

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。