あたち、Rubyて言うねん♪

おてんばRubyの成長日記です。 山口県から大阪へやってきたチョコダップルの女の子。日に日に関西弁を駆使する女の子に成長している模様です(笑)

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 福島と奈良で起きている現実・・・。BLOGTOP » ねぃちゃんの独り言♪ » TITLE … 福島と奈良で起きている現実・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島と奈良で起きている現実・・・。

おはよーございます♪

さて。いきなりですが、このブログ記事は、
年内に、どうしても、どうしても、
ブログ記事に残しておきたかったことの一つです。


かぜっぴきのお薬のんで集中力もないまま、思いのままに
自動書記のようにワードに書き連ねている文章なので
やたらめったら、長いです~(^^;;

読みにくい点なども沢山あると思うのですが・・・。

読んでいただけると嬉しいです。

楽しい(?)通常ブログは、10時代に更新、するかな?(笑)






「くりすますは、うまうまいっぱい、
 いいにおい、いっぱい、
 うれしーが、いっぱい、の日、なんやな♪」




先のブログ記事でルビーが言った言葉。


暖かくて、家族からの愛情を沢山もらって。
プレゼントも沢山、もらえて。

そんな風にすごせるワンばかりでは、ないんですよね。

今日は、2つの場所の動物たちの事を書きますね。


まずは、福島。
311地震が起きた当初、ずっとサポートし続けてきた
広島みなしご救援隊の福島被災動物の救済。
あれから随分日は経ちましたが・・。
まだまだ「福島はまだ何も終わってない」のが現状のようです。


途中、ルビーのカイカイ発覚や色々な事があり
後方支援は一時中断していました。
でも、12月にはいり、20キロ圏内への一般愛護団体の立ち入り許可が
降りることになり(もちろん申請し認可が必要だそうです)
みなしごさんにも認可が下りたようで、
未だ残されている犬猫たちのためのドライフードばくだん(ナイロン袋にカリカリを
紙コップ2杯分程入れて縛ったもの)を、現地ボランティアさんは勿論、
後方支援隊、そして、みなしごさんのブログへ遊びに来られる方達へ
広く募集をかけているのを見て、また放ってはおけず・・・。

・・この寒空の中。まだまだ、寒さに震え、疥癬のかゆみと戦いながら
人が居なくなってしまったあの町に、残されている動物たちが存在します。
なにか、自分に出来ることは・・・?って、どうしても考えてしまいます。


広島犬猫みなしご救援隊ブログはこちら⇒
まだまだ、保護活動は続いています。


そして・・奈良。
奈良県で起こっている、ダックス多頭崩壊レスキュー・・・。
サイドバーの一番テッペンに少し前からリンクを貼っていますが・・。

このダックス多頭崩壊の経緯・・・
最初は女の子ダックス3頭という環境だったのですが、
ペットショップで売れ残っていた男の子を、
かわいそうだからと引き取ったことから、
事は始まったそうです。

当時、経済的に余裕が無かった飼い主さんは、避妊去勢手術を施せず、
ヒート時期には隔離するという方法をとっていたそうです。
でも、隔離などの甘い措置で
ワンのヒート時期をやり過ごせるはずはなく・・・。

それでも最初は生まれた子犬たちに里親を見つけられていたそうなのですが・・・。
現在の状況になるには、あっというまだったんじゃないかな。。って思います。


最初の想いはどうあれ、結果としてこのようになってしまうのは、
 絶対に、許されるべきではない、というのが、私の考えです。
 経済的に余裕がないのなら、ペットショップの売れ残りダックスちゃんを
 引き取るべきでは、ないのです。・・・絶対に・・。
 「自分が引き取る」のではなく、その力のある人たちへ任せるべきだと・・。



でも・・・。
飼い主さんの気持ちが、解らないわけではないんですよね・・・。

だって、ねぃちゃんも、いつもペットショップへ行って
月齢の高くなってきたパピーちゃんを見ると
同じことを思っているから・・・。

だから、「きっと放っておけなかったんだろうな・・・」って。
手に取るように、解る気がしました・・・。

家にかえれば、同じ犬種のコが3頭もいる。
笑顔で迎えてくれる。ごはんだって、おさんぽだって、
当時の頭数なら余裕でできていたでしょうから。

(売れ残ってる)この子を迎えたところで、そんなに状態は変わらない。
このまま、放っておけばこの子はどうなるの・・・?

そんな優しい気持ちから、始まってしまったであろう、多頭飼育崩壊・・・。
そう・・ブリーダーじゃなく、
私たちと何も変わらない、ただダックスが大好き!というご家庭で
起こってしまった悲しい現実、なのです・・・。


50頭にまで増えてしまったダックスたち。
お散歩にはつれってもらえてなかったようです。
でも、飼い主さん家族は、この子達の為に、一生懸命働いているそうです。
しかし、行政の立ち入りも入っているようで、このままだと
50頭のダックスたちの命が、消されてしまう・・・。
この子達を一頭も殺したくない・・!

と、なりふり構わず、現在救援ボランティアに入っておられる方々の所へ
連絡をしてこられたそうです。


・・正直、考えれば考えるほど、本気でムカつきます。

ここまでになるまえに、なんとか、できなかったのか?って。
一頭ずつでも、避妊去勢をしていくことは、できなかったの?って。
あまりに、無責任なのでは、ないの??って。

いろんな気持ちが交差します・・・。

でも。ダックス達に何一つとして罪は無いんですよね。



この環境に生まれてきたコたちだって・・・

ヒトから愛情をいっぱい注がれながら、
楽しく暮らして、イイはず。
お腹いっぱいオヤツをもらって、
ポンポコリンなお腹になって、イイはず。
オトモダチと走る夢をみながら、
あったかいベッドで、眠ったって、イイはず・・!!





里親さんになれれば、それが一番良いのですが・・。
私は、多頭飼育できる環境にありません。
それに、環境にあったとしても、
ルビーの性格を思うときっと踏み込めないと思います。
家族にベッタリな甘ったれのルビーです。
他のワンコ、誰とでもすぐに仲良くなれるコではなく
そのくせ、私達家族の顔色をとても良く見て動くコです。
きっと、いろんな事を我慢させてしまって、
ストレスを与えてしまうと思うから・・・。


50頭のダックス達を早く救ってあげたいという気持ちとは
とても矛盾しているのですが(^^;;

まずは、すでに自分と暮らしているコの事を一番に思う事。
これが、私の「ルビーのねぃちゃんとしての責任」だと、思っています。

自分の気持ちの矛盾に、とても落ち込んだ時期がありました。
でも、ここでもやはり、後方支援することくらいなら、
「ルビーのねぃちゃんとしての責任」の元、活動できるんじゃないかな?って。
想えるようになったんです。
(懸命にブログで訴え続けるケロ姉さんのブログを拝見していたおかげです。
ありがとう!ケロ姉さん!!)


ダックスちゃん達、
ボランティアさんの活動の甲斐があり、
次々と、里親さんが決まってってます。

でも、まだまだ残されているコが多いのも現状・・・。

基本、飼い主さんの元で、新しいご縁を待つ状態なのだそうですが、
預かりさんのお家へ一旦保護され、そこで新しいご縁を待つ子もいます。

預かりさん宅へ移されたコ達、
先住犬たちとも仲良く過ごせて、
甘えん坊で、とっても可愛く性格の良いコそろいだそうです。

できれば、あなたの目で、HPへダックス達の様子を見に行ってみてください。
そして、あなたの優しさを、どうかこのコ達へ向けてもらえませんでしょうか?
勿論。里親さんじゃなくてもいいんです。
物資をおくる、ということじゃなくても、いいんです。

この50頭のダックス達が、なぜこのような事になったのか。
現実、このような事が起こってしまっている事。
知っていただくことが、一番、大切な事だと思うから・・・。

たとえば、ブログをお持ちの方なら、
ブログ内にチョコっとリンクを貼ってもらえるだけでも。

それだけでも、充分に、この子達の助けになるはずだと
ねぃちゃんは、信じています・・・。


早く暖かい環境で、愛情に包まれて暮らせる日が
この子達に、やってきますように・・・。


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

おはようございます(^^)

福島の動物たち・・・本当に可哀相に思います。
太田康介さんというカメラマンさんが「うちのとらまる」というブログで必死にその現状を訴えていらっしゃいます。
犬や猫だけではなく、牛や豚、がちょう・・・たくさんの動物たちが取り残されて、飢えと寂しさに耐えながら、いつか迎えが来る・・・と必死に生きています。
私も本当は現地に行って、保護やご飯置きなどのお手伝いをしたかった・・・
でも、我が家には目の離せないもいたんがいる・・・
もいたんを放って保護に行くなど、もちろん出来ませんでした。
かと言って、ねぃちゃんさんのように、実際に物資を送ったり、リンクを貼ったり出来て無い自分を、とても恥ずかしく思いました・・・。
奈良のダックスたちもまた・・・愛情の形が違うとこうも不幸になってしまうんですよね。
飼い主さん親子も、愛情が無かった訳ではなく、むしろ愛情が暴走して結果こうなってしまったんだと思います・・・でも、ねぃちゃんが言うように、これはとても腹立たしい事です!
動物愛護法にも「厳格なる愛情をもって接する」ように、記されています。
ただ「好き」ではダメなんですよね。

動物好きが動物嫌いを作ってるんです。
動物を飼うという事は、生半可な責任感では、してはいけないんです。
その動物に対して責任をもつだけではなく、そのまわりの人たちに対しても責任をもたなくては・・・

私はねぃちゃんの考え方に大賛成です!
何もしてあげられないけど、せめてリンクは貼らせてもらおうと思います。
・・・うまいこと貼れるかちょっと心配・・・がんばりますね(^_^;)!

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。