あたち、Rubyて言うねん♪

おてんばRubyの成長日記です。 山口県から大阪へやってきたチョコダップルの女の子。日に日に関西弁を駆使する女の子に成長している模様です(笑)

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … どうか知ってください!福島第一原発半径20キロ圏内の動物たちの現在を・・!BLOGTOP » ねぃちゃんの独り言♪ » TITLE … どうか知ってください!福島第一原発半径20キロ圏内の動物たちの現在を・・!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうか知ってください!福島第一原発半径20キロ圏内の動物たちの現在を・・!

ルビーの動画をアップするーって言ってましたが(^^;;

まだ手こずっているので(^^;;
↑なんか年をとるというのはこういう事…?
 時代のハイテクについていけてなーい(T=T)


なのでというわけではないですが・・・。


またまた、ガツーンと、福島原発付近関係のブログを更新します!

ごめんねー。
もう、知ってるし、いいよーぅ(T^T)って方は
以降、スルーしちゃってくださいー(苦)


でも、知らない人が結構いるらしくて・・・。
弱小ブログでも、少しでも情報の拡散になれば。と思い
悩みながらですが、書いてしまいます!!
(同じ内容をmixiでも、アメブロでも書いてます)

では・・・・・
以下です!



■一時帰宅、40日間主人を待ち続けた愛犬が…
(読売新聞 - 05月10日 22:28)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1596823&media_id=20
(mixiを見られない方へ・・・。
 記者も防護服を着て福島県川内村の警戒区域に入った。
 午前11時過ぎ、村民体育センターから報道陣用のバスに乗り、
 住民を乗せた5台のバスに続いた。
 道すがら、菜の花畑や豊かな山菜が見られ、初夏の彩りに包まれていた。
 だが、気密性の高い防護服は暑くて息苦しく、汗ばんでゴーグルは曇る。
 新緑の山道を30分ほど走り、吉野田和地区に着いた。
 10世帯17人が帰宅する地区だ。

 穏やかな風景と似合わない防護服姿の住民は、
 やりきれない思いで通帳や衣類などを袋に詰めていた。

 同県矢吹町で避難生活を送る秋元昭一さん(60)は
 自宅前で一度立ち止まり、恐る恐る犬小屋に近づいた。
 震災後、ペットの犬2匹に餌を与えるため自宅に数回戻ったが、
 この40日間、世話ができなかった。今回の帰宅の最大の目的は、
 愛犬の様子を確かめることだった。
 この日の帰宅ではペットの持ち出しは出来ないことになっている。

 「ジョン」――。愛犬の名を静かに呼んだ。
 反応がない。
 犬小屋に近づくと、アイリッシュセッターのジョン(雄、15歳)は、
 もう1匹の子犬と一緒に体を丸めたまま死んでいた。

 「助かる命だったのに、本当にごめん……」。
  肩を震わせ涙を流しながら、亡きがらをそっと抱きしめ、わらを敷いた穴に葬った。





このジョン君だけじゃないんです。



避難生活が始まって二か月です。
そして、完全閉鎖が始まってから、約3週間・・・。



完全閉鎖になってしまってからは、
家に残されてしまった動物達の給餌や給水をし、
動物たちの様子をみてきていた、
ボランティア団体も、立ち入りできなくなってしまいました。



そうなったら・・・。

ゴーストタウンと化した町に残された動物たちは

どうやって、飢えをしのげというのか・・・。


少しの食料と、人恋しさから
福島原発の敷地へ入り込んでいく犬猫もいるそうです。

そして、第一原発付近の交差点では
座ったまま、なくなっている犬がいたそうです・・・。


そして、家族が戻ってくることを待って待って・・・。
鎖から放たれているにも関わらず、
家の庭にある自分の家(犬小屋)の中で
そのままなくなってしまっているコ・・・。


家の中の方を見ながら、
縁側のそばで息絶えているコ・・・。


こんな子達、少なくないんですよ・・・。




現地で保護活動をされている団体の後方支援をしてはいるものの
ブログや日記に記事を書くことが

「また、書いてる・・・」と思われてしまうのではないか・・とか。
色んなことを考えてしまう日々を過ごしています。



こういう情報は、悲しいから見たくないし、知りたくない。


と思う方も沢山いらっしゃるだろうから・・・。


でも。
そのような選択は、情報が目の前にあるからこそ、出来る事。


上にも書きましたが、
あまりにも知られていないことのようなのです・・。

先日、「海を漂流していたワンコが助けられたことは知ってるけど
福島原発付近のコ達の事は全然知らない」という声を耳にしました。


そうですよね。言われてみれば。
こういう状況は、あえてネットで検索をかけなければ
出てこないですものね・・・。

あまりに、福島第一原発半径20キロ圏内で起こっている
動物たちに起こっていることが、
知られなさすぎている・・・



保護団体や、その保護団体を支持し、
後方支援活動をする人たち(私も含めてです)が
いくら、各所へ要望をあげても、
上へ行けば行くほど、動物達に対しての対応が
とても横柄になっていかれ・・・


そのたびに、自分の国の運営を、
私たちは、こんな人たちに預けているのか・・・と
悔しく、情けない気持ちになることがとても多いです・・・。



TVメディアにも訴えては居ますが、なかなかです。


極最近、ようやくニュースの特集などで
動物たちの事をとりあげてくれる番組も出てきましたが
それも、ほんの数分の放送です。
(現地では1~2日程密着取材をされているのに・・・)




もちろん、私たち人間の状況を整えていくことが
何より一番優先されるべきなの事は、
保護団体をはじめ、後方支援している人達も重々承知です。



でも、命の安全は、もう手に入れてるじゃないですか・・。

動物たちは、今もまだ、今もなお、

命が大変なんです・・・・・。




人の手がなければ、生きていけないコ達の命を守れず。
こんな状況を今の子供たちにまざまざと見せつけて・・。


子供達でさえも、訴えているんですよ・・


「僕の家族を助けて」って。


その声はいったい何処へ届いているのか・・・。



小さな命でも大切にしなさいと、
教えなくてはいけない大人達が、
本当に大切なことを、教えられないなんて・・・。



今回の一時帰宅には、どうやら
「何があっても自己責任なので・・。」
という項目のはいった
文書に署名をさせられているようですね。


住民の方々は、当初から
「少しでもいいからとりあえず家に帰らせてくれ」と
切に願っていたではないですか・・・。



ここまで待たされて何が「自己責任」か。
こんな、責任転嫁のような文言の入った文書にサインをさせるなら
どうして、もっと早くに一時帰宅させなかったのか・・?



こんな文書に署名させられるなんて、
住民の方々は、これっぽっちも思っていなかったでしょう・・・

もっと早く帰宅出来ていれば・・・

一時帰宅が始まった今、こんな悲しい想いを
住民の方々にさせずとも済んだのに・・・。


そして、動物たちも・・・。
あんな悲しい最後を迎えずとも、済んだのに・・・。




*********ペットがいらっしゃる被災者様へ***********

一時帰宅された際に、ペット達が頑張って
生きて待っていてくれたなら・・・

避難所暮らしだからだと諦めずに
どうか、みなしご救援隊まで連絡を入れてください!

飼い主様の状況が整い、ペットたちと再び暮らせるようになる日まで
みなしご救援隊でホストファミリー(一時預かり)を探して
ペット達を保護します!

保護期間にかかる費用はホストファミリー持ちという条件で
最初からホストファミリーを探します。

一緒に暮らせるようになったなら、飼い主さまのもとへ
ペットたちはお返しいたします。

避難所くらしだからと、
どうか、諦めないでください・・・!!!

なかなか電話はつながらないかもしれませんが、
どうか、諦めずに、電話してみてください。


そして、現在計画避難地域とされている地域の被災者の方。
みなしご救援隊は、現在、日々の保護活動を
原発20~30キロエリア内の計画避難区域を中心にされています。

計画避難区域は、いつまた、完全に立ち入り出来なくなる日が来るのか
現時点では憶測ばかりですが、
いつか、きっとやってくると思います。

もし、ご自宅に愛する家族を残してきておられるなら、
今のうちに、みなしご救援隊まで一報してください。

今なら、保護団体も立ち入れます。
周囲の方を気遣い、あなたが家へ戻れずとも
みなしご救援隊さんが、あなたの代わりに
ご自宅へ保護に参ります!


もし、今この日記をご覧の方で
避難所で生活されている、ペットがいらっしゃる方を
ご存じでしたら、この情報を教えてあげてください。

これ以上、あんな悲しい死なせ方を
動物たちにさせちゃいけないです・・・!


犬猫みなしご救援隊 東日本大震災福島活動ブログ
http://blog.livedoor.jp/touhoku_inunekokyuen/archives/51997755.html



◆◆◆◆◆◆◆みなしご救援隊ブログより転載◆◆◆◆◆◆◆

一頭でも多くの犬猫達の命を救うため、
皆様の力をどうぞお貸し下さい!!


・栃木県臨時拠点での犬猫の世話が出来る方大募集(現地まで直接来れる方)

・ホストファミリー(一時預かり出来る方)ただし栃木県内の臨時拠点に迎えに来れる方 ←
 緊急募集!!


・保護している動物たちを診てくださる獣医の方

・保護している動物たちのケアをしてくださるトリマーの方

詳細は、その都度変更がありますのでお問い合わせ下さい。

080-3055-6535 佐々木(←センター長様とセンター長へ繋がる携帯番号です)



***********************************************

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

NO TITLE

2ひきのわんちゃんの死、私も朝に他のブログで知り
読みました。。。
朝から涙、そして牛のニュースで涙…
ねぃちゃん♪さんの言うように知らない方も多いみたいで
一時帰宅で餌をおいてきたとの記事も読み、
愛護団体さんの存在も知らない方が多い事に
悲しいです。
ねぃちゃん♪さん、ありがとうm(__)m
私は文章が下手なので記事にして頂き私も感謝しています。
これを読んで、助かる命が増えてくれたらいいな、と思います。
私も引き続きみなしご救援隊さまの後方支援します。
悲しくて、悔しい。。。。
命なのに。。。

cocoaさんへ♪

こんにちわ。
昨夜ZEROで放送されていた牛のニュース。
動物は人間の言葉は話せないけれど、
すくなくとも、自分の周りにいる人たちの言葉や
心の声は理解しているはず・・・。
だから、トラックに乗る事を拒み、震えていたんだよね・・・。

今日は朝から外出仕事があったから、
あまり考える時間がなく過ごせてよかった(苦笑)
今朝は、まぶたも気持ちもとっても重かったです・・・。

最後車に乗せられるのを拒む牛達を
トラックへ押し込み、
震えている牛達の姿を見なければならなかった
あの方のお気持ち・・・。
世話して一緒に暮らしてきた動物たちの命を消すなんて
とんでもない最終決断を下さなければならない時が
自分にやってくるなんて・・・。
乳牛だもん。
(搾乳できなくなる齢には無理かもですが)長く一緒に
すごせるはずだった命たちなのに・・。

彼の心を本当に理解するなんて、
きっと絶対に無理なのだろうけれど
あの様子を見ていて、
心の奥にこみ上げてくる何かがない方は
きっと居ないんじゃないか・・と思うほど・・・。
言葉少なに話しておられたから・・なおさら、ですよね。
本当に、苦しかったです。

それでも、少しずつとはいえ、動物保護に関して
福島県も動き始めてくれているようで・・。
悲しく悔しい気持ちの中に、
ほんの少しだけですが明るい光がみえるような
お話も出てきていますよね。
ただ、
ここまで来るのに時間がかかりすぎなんです・・・。
ここへ来るまでに
どれだけの命が犠牲になってきていることか・・・。

なんであんな人たちに
国の運営を任せなければならないのか・・・。
こんな風に自分の国の事を考えたのは
初めてです・・・。

cocoaさん、一緒に頑張ろうね。

NO TITLE

こんにちは♪
ご無沙汰してしまって・・・

ニュースで犠牲になっている動物達を見るのが辛いです。
そして、飼い主がいなくなって、どれだけ不安な日々を過ごして
いたのか・・・不安な日々を過ごして亡くなっていったのか・・・
考えるだけで胸が痛いです。悔しい。。。
何もできないことにも悔しい。って思いでいっぱいです。
ねぃちゃんさんのブログで助かる動物達がいろかもしれませんし
こうしたブログが書けるってすごいです!

私も動画アップしてみようかな?って思ってるんですけど
また時間があったらやってみますw
あくびとパパの面白い画像が撮れたので・・・w
2人のラブラブ動画ですw撮影は私・・・w

ルビーちゃんも元気ですか???
また元気なルビーちゃんの姿見せて下さいね♪

>4ワンママさんへ♪

こんにちわー。
一緒ですよ~(^^;; 私も随分ゴブサタしちゃってましたもん(^^;;

本当に、胸が痛く悔しいですよね。
何かというと「仕方がない」という言葉を良く耳にするのですが
【「対命」に対して「仕方がない」という言葉はどうなのか?】と
私はいつも思うんですよね・・・。
ルビーブログは細々としているブログだけれど、
誰かしらの目には止まるかもしれないし・・と思って
悩みましたが、書きました(><)

動画!
是非、あくびちゃんとラブラブぱぱさん。見たいですー♪
私もルビーの動画、アップするから、4ワンママさんもアップしてーっ♪
あくびちゃん、可愛い顔してパパさんとラブラブしてるんだろうなー。
ルビーも可愛い笑顔でオサンポしてる画像ですよ~(←親ばか炸裂(笑))

NO TITLE

ねぃちゃんさん おはよぉ~

一時帰宅の方が置いて来てしまった家族を心配するキモチ・・・
想像を絶するものがありますよね。。。
家に帰ったら何をしますか?ってインタビューに家族を探します!って言って探してる姿に涙が出ました。。。
アイリッシュセッターのコの話は知らなかったけど
お家に残されたネコちゃんを見つけた方・・・
やっと再会できたのに防護服を来ているものだから警戒されちゃったり・・・
そして再び置いていかなければいけない現実・・・
涙が止まりませんでした。
痩せてしまった身体を見ているとセツナイ・・・
翌日には行政から救助の手が入るとは言っていたけど今朝のニュースでは数十頭だった。。。
もっともっといるんだろぉに・・・

計画避難地域の牛のコトもやってたよね。。。
彼らは冤罪で殺されるも同じだ!って言ってた。。。
ホントその通りだと思う。
人が優先なのはわからなくもないけど 人だけでは生きていけないハズ!
今までありとあらゆる動物に生かされてるヒト・・・
それなのにヒトだけ助かろうとか思っていいのかな?
ノアの箱舟だってみんなで乗っているのに・・・
書いてるうちに何だかわからなくなってきちゃいましたが
動物達もみんな同じ生命!
早く助けだしてあげて欲しいよね。

NO TITLE

おはよーです♪
一時帰宅で帰られた方が猫ちゃんに自分のおうちの
猫ちゃんを見つけてえさを与えてたのをテレビで
見ました・・・
また帰るときには置いていかなきゃいけなかったんだよね(涙)
飼い主さんの気持ちを思うといたたまれません(涙)
一時帰宅できたのならもっと早くに・・・
という思いですね!
そうすれば助かった命だってあるはず(怒)

みなしご救援隊の方が映した動画もテレビで流れてたね!
一生懸命活動されてる方には頭がさがります


>naoさんへ♪

こんにちわー♪
なんか、たびたびごめんねぇ、重くって(苦笑)
ホントにね・・。小さな家族を置いてこざるを得なかった方たちの心を思うと。
人が先だ!と声高く告げるなら、その人の心のケアもシッカリ考えろよっ!と
叫びたくなってしまいますが、ダメダメー。
ついつい、熱くなっちゃうんだけれど
こういうことは、熱くなってしまうと、冷静さがどこかへいってしまうので。
そうなっちゃうと、本当に伝えたい事、
理解してもらいたいことを理解してもらえなくなっちゃうものね。
(それでなくても、理解しがたいと思っている人たちは沢山いるから^^;;)

冤罪で殺されるのも同じ。私も見てました。
部屋の電気は消してみていたので(ルビーが隣でグースカピーだったもので(笑))
真っ暗の中でうーーーーーーーーーってなってました(苦笑)
人だけが助かってよいはずはないのに。
そのうち、本当に、人間さんが、どえらい目にあっちゃうよね。
そのときにも又、人は、ほかの生き物を犠牲にしていくのかね・・(T-T)
みんな、助けてあげてほしいよ。本当に。

>はなっぴママさんへ♪

こんにちわー♪
ほんと、たびたび、重いブログでごめんね(><)
楽しい記事も控えてるんだけれど、
どうしても、現状を伝えたくて伝えたくて仕方が無くなるようで、
記事を書こうとすると、指や脳が勝手に働くんだよぅ(苦笑)

猫ちゃんに餌をあげてる方の映像。見ました。
久しぶりに会う飼い主さんの姿を見てないている声が
叫び声に聞こえてしまいました(T-T)
飼い主さんはもっともっともっとつらいよね・・・。
あの子達、どうしたんだろうか。

ほんとにね。一時帰宅にしても、昨日から始まった飯館村の避難にしても。
もっと早くにどうして動かない。
国のTOPが保身から思考が離れない、こんな事になるんだと
私は思います。
そりゃ、TOPの方々も人間だもの。
いろんなしがらみの下に、個人的な思いはちゃんと持たれているんでしょうが・・。
それにしてもね・・・。

今の日本に必要な事って
「自分の身に置き換えて想像してみる」って事がとっても大切な気がするね。

今日は、おおきにでした♪

ルビーちゃん、かわいいですねー!
最初の月と、震災後の記事を一気に読ませていただきました。
その間に、ルビーちゃんも色々あったみたいですが、元気で何よりです!

ボクは、わんにゃんと暮らせません。それだけに散歩中の子に会うと人より先に挨拶をしてしまいす。(^^ゝ
これがまた、かわいいんだぁ~(^^)

自分にしたら大したことに手を出して(笑)、それでも消化し切れない気持ちにページやプログラムを走らせて…
お一人でも肯定してくださる人がいると、救われた気持ちになりました。

おおきにです。とても楽しいページですね。これからも遊びに来させてください。

あ、ツイッターアカウントは『funkypress』です。もし利用されてるなら、遊びに来てくださいませ。

>はっぴーあいずさんへ♪

こんにちわー!
レス、亀カメでごめんなさいっ(苦笑)
なんと、書き始めと震災後なんていう
ガラっとイメージの違う記事を一気読みしていただけたとは…。
恐縮恐縮ですー(汗)

基本、お気楽テキトーキャラなんですが、ちょっとね…。
この震災以降は命の重みがズッシリきちゃって。
普段コメント下さってたり、見て下さってた方々には
「…ねぃちゃんて、こんな人なの・・??」って思われてると・・(汗)

はっぴーあいずさん、あんな風に後方支援できるなんて
羨ましいです!
私は、あくまで物資の支援。そして、
ここって時に(これも自分のタイミングですけどね…^^;;)
自分のブログに記事にして情報拡散・・
(ちゅーよりは、自分の中にとどめておけなくなってしまって
 吐き出すって方が正しいかも(苦笑))
という形でしか、支援できませんが、
それでもそれが自分に出来る事なんだなって思ってます♪

はっぴーあいずさん、関西ですよね?
鹿さん地区ですか?
近くだったらルビーでよければ、
週末でも癒しに遊んでもらうのになぁ…。
そうそう。リンク欄にある「くりぃみぃここあ」のcocoaさんも
私と同じく「自分の出来る範囲」で、
みなしごさんの支援に精を出してる人なんですよ~♪
もも@配布班さんも大阪らしいし、
いつか、そのうち、みんなでお会いできる日が出来たらよいですね♪

Twitter、わからないままにリツイートさせてもらったりしています(笑)
使って、なれます。
また、そちらにもお邪魔しに行きますね~♪
(お邪魔はしてんだけど、なかなかコメントを残せず・・・(^^;; 

いつでも歓迎ですよ~

るびねぃちゃん(というより、やっぱり、るびねぃさんなのかなぁ~)
いえいえ、ボクも自分の得意なことを活かしてる代わりに、他の部分は出来ませんから。
きっと色んな支援があって良いのじゃないでしょうか~。(^^)v

ボクは鹿さんエリアから一直線にアクセス出来る辺りですよ。(ドコヤネン!)

ルビちゃんのいる公園がどこなのか、わからないかなぁ?と目を凝らしてるんですけどね…
その内、会えるかも知れませんね!カメラを持ってニヤニヤしてる不気味なオッサンが近づいて来たらご注意ください。

>はっぴーあいずさんへ♪

こんにちわー♪
「ねぃちゃん」でも「ねぃさん」でもどっちでもええですよー。
でも「おねぃさん」ではありませんので(^^;;
(なんかね、おねぃさんって響きは…。一昔前にあった
 「きれいなオネェさんは好きですか?」のCMを思い出しちゃって…(爆))

はっぴーあいずさんは鹿さんエリアから一直線にアクセスできる辺り??
うーん、わからんっ(笑)
鹿さんエリアが地元なのかなーと思ってましたが、ちょっと違うんですね。
そっかー。どこやろ。

るびが好きな「ご近所パラダイス」は、公園名が載ってる写真が
アップしてる中にあったと思うから、
それでもしかしたら、わかるかもですが、
ホンマに小っちゃい地元の公園なので(笑)
でも、もし、もし、ほんまに会えるなら、
ニヤニヤしてんと声かけてくださいよー(爆)

LOOX…。もっと使いこなしたいんですけどなかなか…。
土台、お家の中でデータカードでアクセスするんは
ある程度ネットをするタイプの人にはやっぱり向いてないみたい(苦笑)
お外限定カードやからこそ、値打ちがあるんですよね、データカード・・。
うぬぬ・・・。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。